100%自分にあっている求人などない

就職しようとするとき、絶対にこういう職種に就きたいと考えている人は案外少なく、学生の中にはどこでもいいから就職したい、とにかくいい企業に入りたいと目的などなく漠然と就職先を求めている人も少なくありません。

なぜどこでもいいと考えるのかというと、そこには就職難であるということや有名大学ではないので書類選考で落とされる可能性が高いなどの理由もありますが、自分に合っている就業先はどこなのかということを理解されていない方が多いからです。
自分に合っている仕事とは何か?ということをしっかり適切に解答できる人は多くありません。
そこが、どこに就職していいのかわからなくなっている理由なのです。

就職されている社会人に聞いてみると、最初はとにかく就職できるならどこでもいいと目的なしに就職し、自分に合っているとは思えないなと感じていても、仕事をしていく上で「ああ、俺ってここでいいのかも」とか「向いていたのかも」と思うようになる事があるようです。
当然、絶対に向いていないと転職先を探す人も出てくるのですが、ここでいえることは、完全に100%自分に合っている仕事など見つけることは出来ないということです。

ではどうすれば自分に合った求人探しができるのかというと、自分が持っている能力を発揮できる職場はどこなのか?ということを追及していくことです。
仕事は仕事をしているうちにだんだんと慣れていき、ここなら大丈夫と感じるとき、その企業の業務が実は自分の能力を発揮できる場ということなのです。

当サイトは就職先を模索している方々に、本当に自分に合っている求人情報を見つける方法をお伝えします。
皆様のお力になれれば幸いです。